1. ホーム
  2. 事業計画

一般社団法人 日本管路更生工法品質確保協会 事業計画

平成30年度 事業計画(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

1.公益社団法人化の推進

事業活動、組織体制の在り方を見直し、公益社団法人化に向けてのメリット、デメリットの検討を進める。

2.管路更生に関わる調査・研究の推進

1)非破壊検査手法の確立
・関係自治体との共同研究の推進と検査手法の確立。
・非破壊検査による保証制度の検討。
2)業界全体での品質の向上
・ガイドライン改訂後の課題に対する意見具申、解決策の提案。
〜 更生管きょの長期的な品質確保等の課題に対応。
・品質確保、品質向上に繋がる新技術の調査、探索

3.資格試験制度の定着

1)各自治体への資格制度の普及、定着活動の推進
・自治体への資格制度定着のための活動を強化する
~ 自治体への積極的訪問、講習会・研修会の開催
・情報の収集と提供
2)資格試験制度の見直し、改善
① 資格試験の充実
・一次試験の課題の分析と改善策の実施
~ 試験問題の見直し、平準化と試験関連業務の標準化
・二次試験の運用方法の見直し
~ 二次試験受験者増加に伴う講師の育成、派遣協力依頼
② 資格者増加への対応
・運用体制の効率化と強化 ~ データベースの充実と対応力強化
・更新講習の見直しによる工法協会の負担削減 ~ eラーニングの導入検討

4.技術者の育成

1)技術者研修の充実
~ 更新講習等でのレベルアップ
2)施工技能者の育成による管路更生工事の品質確保と生産性の向上
~ 担い手確保・育成への協力あるいは提案
3)発注担当者への啓発活動の推進
~ 技術セミナーの開催、講師の派遣
4)次世代人材の確保
・管路更生大学の開催と全国展開に向けての検討

5.情報の収集、発信の強化

1)国、自治体、海外の情報収集の迅速化と発信
2)季刊誌、HPでの情報発信の強化
3)品確協の認知度向上策の実施
・土木団体等関連団体への講師派遣等の提案
・技術発表会の定期開催

6.海外との交流強化

1)ISOでの活動強化
2)国際交流の推進
~ IKTとの情報交換継続と技術情報収集のための展示会等への参加

7.管路更生工事の需要動向に関する調査、研究

・平成30年度実績の収集と分析

・実績分析に基づいた課題解決策の立案、実施